春の鴨川

ありきたりな京都観光にさようなら。

ほんまもんの京都へおいでやす。

桜の時期の京都は大混雑!

 京都が混む時期はいつ?でも紹介していますが、4月上旬のお花見シーズンの京都の混雑はすごいです! どこに行っても人でごった返しているような状況で、この時期の土日(特に混む)はあまり外に出ないようにしています。「桜の名所」と言われるような場所はとりわけひどい混雑で、もう風流にお花見を見ようなんていう気持ちにはなりません。というわけで、静かにお花見をしたい人のために、ほとんど混まない穴場的なお花見スポットを紹介します。



定番スポットでおすすめは?

 穴場スポットを紹介する前に、定番スポットの中で混雑が「マシ」で桜もきれいに見られる場所をお教えします。嵐山や円山公園が京都の桜スポットとしては定番ですが、これらの場所は桜シーズンになると身動きが取れなくなるほどです。特に円山公園は大学生(京都は日本一大学が集積している街です)の新歓コンパと観光客が入り乱れて大変なことになっています。
 では混まないのはどこか。おすすめは蹴上周辺です。琵琶湖インクラインに沿ってソメイヨシノが咲いているので、4月上旬に行くときれいです。観光客もあまり集中しないので、比較的ゆっくりと散策しながらお花見ができます。ただし、行き帰りの地下鉄東西線はこの時期すっごく混むのでご注意ください。バスも混んでます。

おすすめ1 京都御所 近衛邸跡

 混まないのにすごくきれい! 私が今まで見た桜の中で一番きれいだったのが、京都御所北側の「近衛邸跡」付近に植えられている枝垂れ桜です。見頃は4月上旬、掲載している写真の撮影日は4月17日です。一般的なお花見シーズン(ソメイヨシノ)からは少しずれるので、他の観光名所の混雑も和らいでいて、ちょうどいいですね。
 最寄り駅は地下鉄烏丸線今出川駅、そこから歩いて5分かかりません。たまに趣味のいい同志社大学(御所の隣)の学生たちがお花見をしていますが、騒がしいということはないでしょう。最近は名所として紹介されることも増えてきたためか、観光客が増えてきていますが、ベンチに座ってゆっくりお花見ができる場所です。夜になると真っ暗になるので日没前に行きましょう。

おすすめ2 京都御所 車還桜

 京都御所中程、中立売通(なかだちうりどおり)の辺りにある桜です。近衛邸跡からは歩いて5〜10分くらいかかる場所にあります(京都御所は広いので) こちらは桜が一本植わっているだけですが、とてもきれいで、人も少ないのでゆっくり鑑賞できます。撮影日は3月21日。この時期なら他の観光名所も混まないですし、ホテルも取りやすいでしょう。 参考京都御苑 サクラ見どころMAP(PDFで開きます)